ミノキシジルの副作用から起こる病気の影響

ミノキシジルの副作用から起こる病気の影響

ミノキシジルを服用するときは、十分、注意しなければなりません。

育毛・増毛剤として使われていたわけではなく、高血圧の患者さんのために使用される血圧降下薬だったのです。

血管が広げて大きくする働きがあり、循環器系に大きな影響があると言われていますが、一方では副作用があり、痒みや炎症を引き起こします。

ミノキシジルは服用すると、毛髪だけではなく、多毛症や低血圧などに影響が現れます。

この副作用によって問題が発生してしまうのは、糖尿病です。

糖尿病は、インスリン不足から注射や服薬によって調整することで症状の進行を抑えていますが、ミノキシジルを併せて使用すると、副作用が現れます。

それは、インスリン不足が増し、糖尿病を悪化させる作用が働きますので、糖尿病の方の薄毛治療をお考えの方はミノキシジルの使用は避けることをおすすめします。

どうしても、薄毛治療をお考えの方は、薄毛専門の医師に相談することが必要です。

また、他の副作用については、腎機能にも影響を与えますので、膵臓からインスリンが分泌されなくなり、血糖値が高くなって、腎臓への負担が増加してしまいます。

ミノキシジルを服用すると、重篤ではありませんが、必ずリスクが伴うことが多いと思います。

育毛の効果が高ければ高いほど、副作用も高くなります。

ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われていましたので、心臓に対しての副作用も不安になります。

ミノキシジルは血管を広げて大きくする働きがあるのですが、動脈だけで働きます。

それで、動脈が増えて血液が静脈を少ししか通らずに心臓に戻ってくることで心拍数が上昇し、動悸もしてしまいます。

ですから、心臓や肝臓、腎臓に疾患のある方は、人工透析を受けている方や低血圧の方は、十分、慎重に使う必要があります。

育毛や増毛にどんなに効果的であっても、心臓がどきどきしたり、息切れや動悸がしたりしたら、すぐに使うのを止めて下さい。

また、持病のある方には、特に、心臓疾患の場合は、心筋梗塞・不整脈などを起こすきっかけとなり、死に至ることもあるからです。

ですから、ミノキシジルの成分が含まれた育毛剤は使われない方が賢明です。

ミノキシジルを服用すると隠れていた副作用が現れる

ミノキシジルを服用すると血流を良くし血行を改善する働きとして知られていますが、血流が改善しすぎると副作用が現れてきます。

目の充血が1週間もすると症状が出てきます。

育毛剤を使い始めると、目の充血が起こる人が多くみられます。

また、目の充血だけでなく、めまいや目のかゆみ、動悸や頭痛と副作用は目白押しです。

そうなってしまうと、通常の仕事に支障を来してきます。

特に、デスクワークの人やパソコンを操作する人には、イライラしたり、集中できなかったりして、ストレスがたまります。

また、コンタクトレンズを装着している人は、目がごろごろして、しづらくなったりします。

他にミノキシジルを服用する前に注意することがあります。

それは、以下のような症状のある人は、必ず、専門の医師に相談することをおすすめします。

例えば、今までに薬や化粧品などでアレルギー症状(かゆみ、かぶれ、発疹など)の出た人、高血圧や低血圧の人、心臓または腎臓に障害のある人(持病のある人)、むくみにある人、家族、兄弟姉妹に壮年脱毛症の人がいない人、65歳以上の高齢者、甲状腺機能障害の診断を受けている人などです。