ミノキシジルと20個の副作用

ミノキシジルと20個の副作用

ミキノシジルは、育毛剤に含まれる成分の一つです。

とても強力で、薄毛でお悩みの方には効果が期待されています。

しかしながら、効果が期待されるほど、副作用があります。

その数は20個くらいで、様々な症状を引き起こします。

その副作用は、じんましん、目の充血、眠気と不眠、不妊、不整脈、抜け毛、発疹、白髪、妊娠、頭痛、糖尿病、体毛、腎臓、心臓、耳鳴り、甲状腺、むくみなどに影響を及ぼします。

ミノキシジルを服用すると多毛症を発症しやすいので、育毛剤に利用されることが多いです。

服用したからっと言って、すぐに発毛するわけではありません。

期間は短くて3か月くらいかかりますから、気長に継続して利用しなければなりません。

市販の育毛剤も使い続けなければ、効果は出ず、途中で止めてしまうと、元の薄毛の状態に戻ってしまいます。

最初の内、ミノキシジルが含まれる市販の育毛剤を使うと、抜け毛の本数が減って来て、生毛や軟毛が多くみられます。

さらに使用を継続させると、太い毛が増えてくるのです。

ミノキシジルには育毛効果があると言われています。

市販の育毛剤に多く含まれている成分で、男性の方が主に使用している人が多いです。

特に、ミノキシジルの錠剤(外用薬)には、副作用があります。

このミノキシジルは、増毛する成分ではなくて、血管を広げて大きくして、毛を増やす成分のことですから、副作用が現れることは、しばしばです。

血管を広げて大きくすると、心臓や血管に影響が出て、低血圧の症状が現れます。

また、多毛症になり、腕や髭、足などの毛の部分が必要以上に濃くなってきます。

皮膚の成長が活発になり、皮脂の分泌が多くなって、にきびや肌荒れの原因にもなります。

細かな副作用としては、眠気(薬を肝臓で代謝するために、眠気が起こります)や頭痛、やる気が起こらない倦怠感を感じます。

外用薬を服用すると、頭皮がかゆくなります。

全身の毛が多毛症となり、そこから、頭皮の湿疹や炎症を引き起こすのです。

[[link]]このようにミノキシジルの副作用について詳しく紹介しているので、どんな症状があるのか確かめてみましょう。

ミノキシジルを服用して出る副作用のリスク

ミノキシジルの薬は、以前から血圧の薬として使用されています。

最近、育毛増進に目覚ましい効果があることがわかり、育毛剤の成分になったり、直接、服用する錠剤になったりしています。

そのために、低血圧の方にはミノキシジルを服用することで、眠気が起こりやすくなり、集中力も低下し、とっさの判断が鈍りますので、自動車の運転は危険です。

逆に、低血圧という副作用によって、脳への血行不良に陥りやすく、不眠症になってしまうこともあります。

朝起きるのがつらくなったり、日中に居眠りをしてしまったり、集中力が低下します。

つまり、ミノキシジルを服用すると、睡眠のリズムを壊してしまい、2次的、体調不良になり、日常生活に予期せぬ支障が起こってしまうのです。

手軽に服用できるミノキシジルは、薄毛や脱毛などのお悩みの方にとっては、育毛や発毛に効果があるのなら朗報ですが、さまざまなリスクが起きることも知っておくことが大切です。

また、最近では研究が進んでおり、副作用のない育毛剤も作られ始めているので、高額であってもその育毛剤をお薦めします。

ミノキシジルの薬を服用すると、いろいろな副作用男女ともに、体内に現れてきます。

男性の場合は、男性ホルモンにとても効果がありますが、薄毛治療薬として利用すると低血圧、多毛症、肌荒れ、性的不能、性欲減退(性的機能への悪影響)による不妊になってしまう可能性があります。

女性の場合は、あまり育毛剤を使用することはありませんが、やはり、多毛症という副作用のリスクがありますので、男性の育毛剤を使ったり、自己判断して、錠剤を大量に服用したりすることが無いようにおすすめします。

なぜなら、頭皮に強烈なかゆみが現れたり、ホルモンのバランスの変化が顕著に変わりやすかったり、崩れやすくなったりします。

また、妊娠中や授乳中の女性の場合は、特に妊娠中であれば、胎児への影響が心配になります。

授乳中は、乳児が摂取し、副作用の影響が出てしまう可能性があるからです。

ですから、妊娠中や授乳中の時期には、ミノキシジルの利用はしない方が良い選択だと言えます。